舌回し体操とは

舌回し体操とは

舌回し体操という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
その名の通り、舌回し体操とは、舌を回す体操のことです。

 

頬のたるみ、ほうれい線などにより、顔が老けて見られがちになります。
舌回し体操は、ほうれい線に効果があると言われています。

 

舌回し体操の正しいやり方をマスターして、ほうれい線を改善しましょう。
舌回し体操は、ほうれい線対策以外にも、効果があるので、舌回し体操の正しいやり方と、その効果を紹介します。

 

舌回し体操でほうれい線が消えるの?

ほうれい線の原因は、表情筋の衰えからと言われています。
表情筋の衰えには、トレーニングが色々とありますが、激しいエクササイズを行うよりも、舌回し体操のような、口周りの筋肉を鍛えるものが血行促進にもつながり、ほうれい線対策にお勧めと言われています。

 

舌回し体操の正しいやり方

舌回し体操の正しいやり方です。

 

  1. 口を閉じたまま舌を歯に沿って左回しにゆっくりと20回回します。
  2. 次に、反対回しに20回行います。
  3. 「1」と「2」を行って1セットとし、1日3セットを目安に行いましょう。

 

慣れるまで、10回くらいでも大変という場合もあるようです。
そのような方は、筋肉が弱っているのかもしれません。
最初は無理せず、10回くらいから開始し、慣れてきたら少しずつ回数を増やしていきましょう。

 

舌回し体操は、いつ行うと良いの?

ほうれい線対策に、舌回し体操がお勧めです。
いつでも、どこでもできる舌回し体操ですが、行う時間帯により、ほうれい線対策以外の効果も得られますので、それらも知っておくと良いでしょう。

 

起床時

朝、起きた時に舌回し体操を行うことで、唾液の量が増えて最近やウィルスの増殖が抑え、免疫力が高くなります。
このことから、口臭予防や歯周病の予防効果があります。

 

就寝前

夜、寝る前に舌回し体操を行うと、顎が疲れるので歯ぎしりの食いしばりが減ると言われています。
このことから、起床時の頭痛が減る効果が得られると言われています。
この時は、舌回し体操を通常の回数より増やし、20回〜30回を目安に行うようにしましょう。

 

その他の効果

舌回し体操を行うと、色々な効果が得られます。
その代表的な効果は、ほうれい線を消すことですが、他にも色々とあります。

 

顔の歪み改善やシミしわの予防と改善、小顔効果なども期待できます。

 

いつでも、どこでも簡単にできる舌回し体操で、色々な効果が期待できるので、最初は少ない回数から徐々に増やしていくようにしてみてください。
回数を増やすと、その効果も大きくなっていくので、無理のない範囲で取り組んでみてください。