頬のたるみとほうれい線

頬のたるみやほうれい線を取るためにできること

頬のたるみをなくしたり、ほうれい線を消したいという願いを多くの方が抱いていることと思います。
頬のたるみも、ほうれい線も、加齢に伴うことだから仕方がないと思われていませんか。

 

ある方のお話によると、人間は120歳まで生きられる動物なので、例えば60歳でしたら、まだ半分しか生きていない、つまり折り返し地点というわけです。
なので、60歳くらいでも、まだ大丈夫というのです。

 

若い頃は、気にならなかった肌のことも、年齢を増すごとに気になり始め、30代、40代と、だんだんと手遅れと思われてしまいがちですが、この人間は120歳まで生きられるように作られているのだから、60歳でも大丈夫という言葉には納得できるのではないでしょうか。

 

ですから、年齢を重ねていても心配はしないで、気付いた時にケアを開始すればいいのです。

 

頬のたるみを取るためには

さて、頬のたるみやほうれい線を取るために、できることはあるのでしょうか。

 

肌のお手入れに年齢を重ねていても問題ないということですが、具体的にどのようなことをすると、頬のたるみやほうれい線を取ることができるのでしょうか。

 

まずは、たるみを取るために行うと良いことを紹介します。

 

たるみを取るために行って欲しいことは、コラーゲンを摂るようにすることです。
コラーゲンの他に、アミノ酸も摂るようにしましょう。
これらの栄養素を一緒に摂ることで、更に効果がアップすると言われています。

 

肌のために、コラーゲンを積極的に摂るようにということを、よく耳にするかもしれませんが、なにを食べると良いのでしょうか。
それは鰻や鮭です。

 

鰻や鮭は、コラーゲンが多く摂れる代表的な食べ物です。
鰻は、食べられる季節がある程度限られてしまいますし、少しお値段も張りますが、栄養価も高いですし、頻繁に摂るのは難しいかもしれませんが、心掛けてみてください。
鮭は、年間通してある程度、安定した価格で購入できますし、朝食に、お弁当に、おにぎりの具など、頻繁に摂ることができる食材と言えると思いますし、鮭もまた栄養価が高いので、積極的に摂るように心掛けてみてください。

 

食べ物だけでは、摂るのが難しいという場合は、コラーゲンドリンクを飲むのも1つの方法ですね。

 

ほうれい線を取るためには

頬のたるみやほうれい線を取るためにできること、続いては、ほうれい線をとるために行うと良いことを紹介します。

 

それは、表情筋のトレーニングです。
具体的には、目の周りの眼輪筋や口の周りの口輪筋を鍛えることで、ほうれい線を取り除き、顔が老けてしまいがちになることを予防しましょう。

 

  1. 目を見開くようにイメージで、眉毛を思いきり上に上げましょう。
  2. 「1」の状態のまま、目が半開きの状態になるように、目を半分くらい閉じましょう。
  3. 目は「2」のまま、タコのイメージで、口をすぼめて前に突き出しましょう。

 

1〜3を朝晩2回行うと効果的です。
実際に試してみると、顔が疲れると思います。
しかし、それだけ効果が期待できるということですね。

 

スキンケアで対策

頬のたるみやほうれい線を取るために出来ることは、食べ物やトレーニングだけではありません。
それらと同時に、スキンケアも行うと更に効果的です。

 

アンチエイジング効果が得られるスキンケア商品を使うことをお勧めします。

 

特に、敏感肌や乾燥肌の方は、なかなか肌に合うものが見つからないかもしれません。
そこで「アヤナス」をお勧めします。

 

アヤナスは、敏感肌・乾燥肌の方専用のスキンケア商品です。
今まで、頬のたるみなどが気になるけれど、良い物が見つからなかったという方、是非お試しください。

 

頬のたるみやほうれい線は、食べ物とトレーニング、そしてスキンケアを並行して行ってください。
他にも、規則正しい食生活なども心掛けるようにしましょう。