頬のたるみ30代の方へ

頬のたるみは何歳から?

頬のたるみが気になり始めるのは、何歳くらいからでしょう。
それは個人差がありますので、頬のたるみは○歳から起こるので気を付けましょうということは言えません。

 

しかし、多くの方が頬のたるみは40代や50代頃からと思われているのではないでしょうか。

 

しかし、実際に頬のたるみは20代後半や30代頃から気になり始める方もいるようです。
頬のたるみを感じる前に、30代くらいでは、頬の肉が余っているような感じ方をする方もいるようですね。

 

頬のたるみのような異変に気づく30代、急に顔の印象も変わってくる頃ではないでしょうか。
頬のたるみを防ぐためにも30代の肌を大切にケアしていきましょう。

 

30代で気を付けること

頬のたるみを防ぐために、少しでも進行を止めるために30代で行うべき大切なことをまとめました。

 

紫外線対策

日焼けは、肌トラブルの他に、頬のたるみにも悪影響を及ぼします。
頬のたるみを防ぐために30代も、しっかりと紫外線対策を行いましょう。
紫外線対策は、日焼け止めクリームなどの他、帽子や日傘も使うようにしてください。

 

エイジングケアを行う

20代や30代で、エイジングケアはまだ早いと思われていませんか。
エイジングとは、肌老化のことです。
確かに、20代や30代では、まだ不要と思われても仕方がないかもしれません。
しかし、この年代からきちんとエイジングケアを行うことが、将来、頬のたるみや肌をキレイに保つことにはとても大切です。

 

肌のことは、あまり気にならない年代の頃からの積み重ねが年齢を重ねた時のキレイな肌につながるのですね。

 

姿勢を正す

体の姿勢と、頬のたるみは関係ないように思われるかもしれません。
しかし、猫背で姿勢が悪いと、顔も歪み、頬のたるみが発生してしまうことも十分考えられます。
正しい姿勢は、全ての基本というわけですね。

 

顔の筋肉を鍛える

顔の筋肉をしっかり鍛えることで、重力に負けない皮膚になれるかもしれません。
重力とは、関係ないかもしれませんが、頬のたるみを改善または解消するために、顔の表情筋を鍛えると良いと言われています。
やはり顔の筋肉を鍛えることは、頬のたるみを防ぐために必要なことと言えるのです。

 

このように、頬のたるみを解消するために、または進行を止めるために30代でできること、行うべきことを挙げました。
どれも、わかっているようで、なかなか普段できないということもあるかもしれません。
近い将来、頬のたるみに悩むことがないように、頬のたるみを今よりも進行させないためにも、30代から意識して取り組みましょう。