頬のたるみの原因

頬がたるむ原因は年齢のせい!?

頬のたるみが気になる方、少なくないことでしょう。
多くの方が、頬のたるみを気にされているかもしれません。

 

頬のたるみの原因とは、なんでしょう。
真っ先に思いつくことは「加齢」かもしれませんね。
確かに、加齢は、頬のたるみの原因の1つではあります。

 

しかし、他にも頬のたるみの原因は考えられます。
1つずつ見ていきましょう。

 

頬のたるみの原因に加齢は何故関係あるの?

頬のたるみの原因として、まず挙げられるのが加齢です。
頬のたるみの原因以外にも、色々なところで加齢が原因となっていることがあることでしょう。
そもそも、何故加齢が頬のたるみの原因となるのでしょうか。

 

加齢により、肌の弾力が失われることや、脂肪を含む網が伸びしてしまい、脂肪を支えられなくなってしまうこと、更に加齢に伴い、表情筋が衰えてしまうことで、頬のたるみの原因の1つに加齢が考えられるのです。

 

頬のたるみの原因は他にもあります

頬のたるみの原因は、加齢だけではありません。
頬のたるみの原因は、他にも色々なことが考えられます。

 

紫外線による外的要因

頬のたるみの原因にも紫外線は関係しています。

 

紫外線を浴びることで、コラーゲン、エラスチンなどが破壊してしまいます。
これらは、肌の真皮層に存在する大切な弾力成分です。

 

ターンオーバーの乱れ

頬のたるみの原因は、肌のターンオーバーの乱れも考えられます。
ストレスや、その他の原因から肌のターンオーバーが乱れると、肌の機能は低下してしまいますし、肌トラブルが起こりやすくなります。
このことから、ターンオーバーの乱れも頬のたるみの原因として考えられます。

 

乾燥

頬のたるみの原因とは、あまり関係ないように思えるかもしれませんが、乾燥が頬のたるみの原因の1つに考えられます。

 

肌は乾燥することによって、新陳代謝の乱れの原因となります。
新陳代謝が乱れると、細胞の生まれ変わりが滞ることになり、ハリが失われてしまうのですね。

 

細胞の老化

人が酸素を体内に取り込むのは当然のことですが、この酸素は体内に入ると活性酸素に変化し、細胞を酸化させてしまう一面をもっています。
活性酸素は、本来ウィルスから体を守る役割があるのですが、コラーゲンなど線維芽細胞にダメージを与えてしまい、細胞の老化へつながります。

 

このように、頬のたるみの原因は、加齢だけでなく、いくつもあることがわかりました。
では、生活の中で改善できることはないのでしょうか。

 

生活の中で心掛けることで頬のたるみを予防

頬のたるみの原因から、生活の中で心掛けることで、予防や改善していけることがあります。
それらを行うことで、頬のたるみの原因を少しずつ減らしていきましょう。

 

紫外線対策

紫外線は、頬のたるみの原因に直接つながります。
紫外線対策をきちんと行いましょう。

 

禁煙

喫煙は、活性酸素を大量に発生させるので、控えましょう。

 

質の良い睡眠

睡眠不足では、肌の新陳代謝が滞り、ダメージの修復ができなくなります。
質の良い睡眠をしっかり取りましょう。

 

バランス良い食事

偏った食事、乱れた食生活は、健康にも肌にもよくありません。
頬のたるみの原因を減らすためにも、健康のためにも、バランスの良い食事を心掛けましょう。

 

この他にも、頬杖をつくことや、横向きで寝ること、無表情などもよくありません。
また、経験されたことがある方もいるかもしれませんが、急激なダイエットで脂肪を落とすと、皮膚が余ってしまい、たるみとなることがあります。

 

これらのことに普段から気を付けて、頬のたるみの原因を減らしましょう。

 

生活習慣の見直しと、スキンケアにエイジングケアのできるものを使用することで、頬のたるみの原因を減らし、改善していき、いつまでも若々しい肌でいられますように。